About sento art mural

Inari yuPenki-e means “wall paint”, the mural you can find in the sento.

The first Fuji mural has been drawn in Tokyo, Kikai-yuキカイ湯  in Kandasarugakuchou in 1912 by Kawagoe Koshiro川越広四郎 to entertain the young customers while they were taking their bath.

As a powerful emblem for Japanese people the most painted subject is Fuji-san, but you can also found Japanese countryside landscape, mountains…

However there are some exceptions due to Japanese superstition, for instance you cannot paint red momiji because they fall during autumn or monkey, because “saru” 去る in Japanese means “to leave”.

The painters are called “yokujo-haikeiga-eshi” 浴場背景画絵師 or “penki-eshi” ペンキ絵師 and only 3 remains in Tokyo nowadays, to perform this unique job in Tokyo.

Maruyamasan

Kiyoto Maruyama 丸山清人was born in1935 in Tokyo. He was working at “Haikeikokusha”, an advertising Japanese company specialized in sento. When he turned 45 he started as a free-lance painter .

Maruyama san official web site: http://japan-fujiyama.com/

 

Nakajimasan

Morio Nakajima 中島盛夫was born in 1945 in Fukushima. He learned the craftsmanship from Kikuo Maruyama, Maruyama Kiyoto’s uncle, who also was the director of “Haikeikokusha”.   He was the first to think to use a paint roller instead of the traditional brush to realize the penki-e. Until now he drew more than 5000 Fuji-san.

Nakajima san official web site: http://morionakajima.com/

Mizuki Tanaka田中みずき was born in 1983 in Osaka. At the university she wrote an essay about penki-e, at his occasion she met Nakajima-san and wished to learn how to paint from him. At first he refused to teach his way to draw penki-e but she persevered and started to help Nakajima-san to prepare the tools and clean. For several years she only painted the blue part of the sky, the ninth year she finally started to realize full penki-e.

 

You can even offer you some of their art on their online shop:

Kiyoto Maruyama

http://japan-fujiyama.ocnk.net/

Morio Nakajima

http://cocowa24.ocnk.net/

 

NakajimaillustrationMaruyamaillustration

 

銭湯の壁絵について ペンキ絵

ペンキ絵は「壁の絵」で、銭湯でよく見られる壁絵を意味します。

最初の富士山の壁画は、川越広四郎によるもので、1912年に東京は神楽坂で若い顧客を楽しませるために、彼らが入浴している間に描かれました。

日本人にとって最も象徴的な富士山が図柄として描かれることが多いですが、山や日本の田舎の風景も見られます…

しかし日本の迷信による例外もあり、赤い紅葉は秋になると葉が落ちるので描くことはできません。また、猿は「去る」と同音なので描かれません。

画家は浴場背景画絵師またはペンキ絵師と呼ばれ、今日このユニークな仕事をされている絵師は東京では3人しか残っていません。

丸山清人さんは1935年東京で生まれました。彼は銭湯に特化した広告会社、背景広告社で働いていました。彼は45歳の時に、フリーランスの画家としてスタートしました。

丸山さんの公式ウェブサイト:http://japa​​n-fujiyama.com/

 

中島盛夫さんは1945年福島に生まれました。彼は丸山清人さんの叔父で、背景広告社のディレクターだった丸山菊男さんから、職人の技を学びました。彼は伝統的な絵筆を使う代わりに、ペイントローラーを使用してペンキ絵を手がけた最初の先駆者です。これまでに彼は5000以上の富士山を描きました。

中島さんの公式ウェブサイト:http://morionakajima.com/

 

田中みずきさんは、1983年大阪に生まれました。大学で彼女はペンキ絵に関する小論文を書き、絵師の中島さんに会い、彼に壁絵の技法を学びたいと請いました。最初、彼は田中さんにペンキ絵の描画技法を教えることに同意しませんでしたが、彼女は屈せず、中島さんの道具を準備したりきれいにしたりして中島さんの補助を始めました。数年の間、彼女が許された唯一の仕事は空の青の部分を塗ることでしたが、九年目にしてようやく全体のペンキ絵を任されるようになりました。

下のオンラインショップ上で彼らの芸術作品を購入することができます:

丸山清人

http://japa​​n-fujiyama.ocnk.net/

中島盛夫

http://cocowa24.ocnk.net/

Maruyamasan